スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)

 建設中の東京スカイツリー(東京都墨田区)で5日、タワーの頂上部分に設置されるアンテナ用の「ゲイン塔」の工事が始まった。

 タワー中心部を貫く空洞内で組み立てるため、当分は外から見えないが、徐々に引き上げ、年末頃にはタワーの高さ約495メートル付近から頭を出す。来年春には完成時の高さ634メートルに達する見通しだ。

 事業会社の東武タワースカイツリーによると、ゲイン塔は、付属する避雷針や制震装置を含めると、長さ約140メートル。空洞内で部品を引き上げ、その下に部品を何度も継ぎ足す「リフトアップ工法」を採用。ゲイン塔の後に、地震の揺れを低減するための鉄筋コンクリート製の巨大な円筒「心柱」が作られる。

<菅内閣発足>「将来像描いて」 脱貧困に願い切実(毎日新聞)
マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
<巨勢山古墳群>ゴルフ場工事で4基壊す 無許可で拡張(毎日新聞)
<民主>9日、枝野氏引き継ぎで小沢氏と会談(毎日新聞)
<首相指名>参院も菅直人氏 第94代首相誕生(毎日新聞)

「農水相ゴルフ」報道 政治部長ら4人処分 TBS(産経新聞)

 TBSが5月20日、裏付け取材が不十分なまま、当時の赤松広隆農林水産相について「口蹄疫発生後の外遊中にゴルフをしていたと複数の民主党幹部が証言した」と報じた問題で、同局の政治部長ら4人を懲戒処分としていたことが4日、分かった。処分はいずれも2日付。

 当日の政治部デスクと同部の与党担当キャップが給与日額の半額を減俸、政治部長とニュース時間帯の編集長だった編集部部次長を譴責(けんせき)処分とした。このニュースは、5月20日未明のTBSのCS放送「TBSニュースバード」や、午前の地上波「みのもんたの朝ズバッ!」内で報じたが、赤松農水相は全面否定した。

職質中に車を急発進、重傷おわせた20歳逮捕(産経新聞)
「参院選目当てだ」=首相退陣表明を批判―石原都知事(時事通信)
<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
ボンネットから転落、重体=軽自動車に少年7人―岐阜(時事通信)
小6教科書に「縄文時代」復活、10年ぶり(読売新聞)

東国原知事、種牛49頭を殺処分の意向(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県が殺処分の回避を検討していた県家畜改良事業団の種牛49頭について、東国原英夫知事は27日、「(49頭の処分は)手順を追ってやらないといけないと思う」と述べ、国の決定通り、殺処分する考えを初めて示した。

 知事は、県庁で記者団に対し、感染力の強い豚の殺処分と埋却を優先し、その後、49頭の問題に対処する方針を明らかにした。その上で、「個人的な感情としては残したい。県の大切な財産だし、日本の畜産の宝」と話した。

 この問題を巡っては、政府の現地対策本部長を務める山田正彦・農林水産副大臣が同日、「(49頭は)家畜伝染病予防法で『ただちに処分する』と定められており、今まで処分しなかった方がおかしい。法令違反だ」と述べ、改めて殺処分を求めていた。

防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕―警視庁(時事通信)
皇太子さま、スウェーデンへ(時事通信)
事業仕分け 裁判記録コピー代、人に頼んで50円、セルフでも20円…(産経新聞)
パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
長嶋さん「多摩川の母」に別れ…おでん店女将通夜に巨人OB多数(スポーツ報知)

女子生徒が中学校で転落 東京・狛江市(産経新聞)

 14日午後0時55分ごろ、東京都狛江市和泉本町の市立第一中学校で1年生の女子生徒が転落した。

 東京消防庁などによると、女子生徒は病院に搬送されたが意識不明だという。警視庁調布署が詳しい状況を調べている。

【関連記事】
炭鉱のガス漏出事故で21人死亡 中国貴州省
明石歩道橋事故、第1回公判前整理は7月29日
正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要
「状況わからず混乱」 リビアでの墜落事故で救出の少年
南海高野線で死亡事故 女子高生、反対側ホームに線路横断中
少子化を止めろ!

<人事>警察庁(24、25日)(毎日新聞)
<高速道路>新上限料金、6月導入を先送り 前原国交相(毎日新聞)
小沢氏政倫審、公開を=社民党首(時事通信)
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)

普天間移設反対を決議=鹿児島県町村議長会(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鹿児島県町村議会議長会(会長・町田末吉与論町議会議長)は13日、鹿児島市内で臨時総会を開き、「米軍普天間基地代替施設の鹿児島県内への移設に反対する決議」を全会一致で採択した。
 町田氏は総会で「鳩山由紀夫首相はあくまでも徳之島に強いこだわりをもっている。(同島の)3町長と連携し、断固反対の意志を伝える」と強調。また、取材に対し、19日に開かれる奄美群島市町村議会議員大会に同趣旨の特別決議を提案する方針も示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<石原都知事>性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」(毎日新聞)
“横粂バッシング”が過熱…小沢氏辞任要求に「新人議員が何を言う」(スポーツ報知)
B型肝炎訴訟 和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)
【徴収の現場 不況下の税金攻防戦】(上)隠し財産 暴きます(産経新聞)

ローソンへの脅迫文 消印は東京・八王子市 警視庁(産経新聞)

 コンビニエンスストア大手「ローソン」(東京都品川区)に現金3千万円などを要求する封書3通が送りつけられた事件で、封書の消印がいずれも東京都八王子市内だったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は八王子市内に土地勘のある人物がかかわったとみて捜査している。

 捜査関係者によると、3通の消印のほか、指定された現金の受け渡し場所も八王子市内で、場所を示す地図も同封されていた。ただ、捜査員が張り込みをしたが、指定された日時に受け取りに来た形跡はなかったという。

 ローソン本社に3月下旬から4月中旬に届いた3通の封書には「社長さん、これはうそではない。3千万円用意しろ」「いくらでもいいから」「毒物を入れさせてもらう」などと片仮名と漢字交じりで手書きで書かれていた。

 ローソンをめぐっては都内の4店舗で3月12、13日、パンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺されているのが見つかっており、同課が関連を調べている。

【関連記事】
中国開拓、視線は内陸部 投資増着目、ローソン5店舗
ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か
ローソン子会社 不正経理、元専務を聴取 「仲介会社から9100万円受領」
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
ローソン、「驚きプロジェクト」から黒豚丼
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

非番で…消防士が酒気帯び運転、逮捕 和歌山(産経新聞)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
毒ギョーザ事件、容疑者特定の経緯など詳細に説明 日中警察会議で中国側(産経新聞)
賠償命令26億円に減額=西武鉄道株名義偽装−東京高裁(時事通信)
鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)

食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密(産経新聞)

 これまでにも取り上げた「1杯1万円!」のラーメン。このラーメンを提供する東京都目黒区のヌードルレストラン「藤巻激城」店主の藤巻将一さん(42)の好意により、スープのレシピがついに明かされた。最近は海外メディアの取材も殺到している同店。「スープが1万円、めんはおまけ」(藤巻さん)という、世界が注目するスープの秘密、さらにはこのラーメンの味とは?(安岡一成)

■独占公開、1万円ラーメンの秘密、驚きのその味とは!

 1万円のラーメン「五味融合皇帝麺」を食べるには、のれんをヒョイっとくぐって…というわけにはいかない。

 まず東京・神田の系列店「冬蔭(トムヤム)激城麺」でラーメン(1500円)を食べ、口に合えば紹介状を受けとるという段階を踏む必要がある。

 さらに、藤巻激城の営業日は金、土、日曜日の3日のみで、3日前からの予約が必要だ。

 「企業秘密」と言われることを承知で、スープのレシピを尋ねてみた。意外にも、返ってきたのは「詳細に教えましょうか?」

 「絶対にだれもまねできないから。ガラとかではなく、実際に食べられる食材からエキスだけを抜いて後は捨てる。本当に、罰当たり級のぜいたくだよ」。

 説明によると、スープは2種類。第1のスープは高級食材の金華ハム、ウシとブタのすね肉、雌雄の丸鶏、干しエビ、干し貝柱などを煮込む。広東料理の最高峰スープ「上湯(しゃんたん)」と呼ばれるものだ。

 第2のスープはテナガエビやワタリガニなどの魚介に生ハーブを煮込んだブイヤベース。いずれも6、7時間、火加減を調節しつつ香りをかぎながらじっと鍋を見張っているという。

 この2つのスープを合わせた上に、エビとカニの身をミキサーにかけたものを混ぜ、1日寝かせる。調味料で味を調え、卵でとろみをつけて香草とともにめんを沈め、ラー油を回しかけて完成という。

 長時間の仕込みとは対照的に、目の前での調理はわずか5分ほど。赤く大きなどんぶりが出てきた。

 少し泡だった純白のスープに、素材の粒子が溶け込んでドロドロしている。見るからに濃厚。魚介の香りに鼻孔をくすぐられ、恐る恐るスープを口に運んだ。

 …。う、うまい!

 まろやかな口当たり、体験したことのない複雑なうまみ。一番の特徴は味に時間差があること。のどごし後、一拍おいて辛みが押し寄せてくるのだ。めんにはよくスープが絡み、絶品としかいいようがない。

 味をどう表現しようかと難しい顔をしていると、藤巻さんが「どうです?」と尋ねてきた。しかし、料理漫画やグルメリポーターのせりふのような言葉が出てこない。「深いです…」と答えるのが精いっぱいだった。

■“高級ラーメン”追求の挑戦にファン2000人

 藤巻さんは16歳で料理の世界に入り、中華畑を歩んだ。25の高級料理店を渡り歩き、料理長経験も多い。タイの最高級ホテル「マンダリンオリエンタルホテルバンコク」のシェフからタイ宮廷料理も学んでいる。

 7年前に独立し、世田谷区でタイ料理店「アジアンボウル」を始めたが、やがて「タイ料理のフルコースを一杯のどんぶりで表現したい」との思いが強くなってきた。そこで、メニューをトムヤンクン風味のスープにタイ野菜やエビのすり身など、たくさんの具を配したラーメン1本に絞り、3年後、「藤巻激場」として再開した。

 客がほとんど入らず借金に苦しんだ時期もあったが、テレビで取り上げられたことをきっかけに一気にブレーク。やがて行列が絶えない店となった。

 しかし、藤巻さんは別の悩みを抱えるようになった。人気店となったことで、楽しみにしていた客との会話が消えてしまったのだ。売り上げは増えていくが、客を黙々とさばいていく毎日が辛かった。

 不満はほかにもあった。異業種から参入した藤巻さんにとって、ラーメン界は「薄利多売でパターンが決まった、幅の狭い世界。アイデアも限界にきている」と思えてならなかった。高級店で働き続け、料理人生のすべてを注ぎ込んだ自分のラーメンがそんな「B級グルメ」の枠の中で語られることが許せなかった。

 多売すれば希少価値が下がる。だから、あらゆる面で敷居を高くして、客に簡単に何度も食べられないようにする。これが藤巻さんがラーメン界に持ちこんだ「高級」の意味だった。

 平成20年、移転オープンし、店名を「藤巻激城」に改めた。80坪のスペースに御影石のカウンターテーブルを8席しか置かないぜいたくな店構えで、業界では前代未聞の完全会員予約制を敷いた。ラーメンはさらに改良を加え、「五味融合美彩麺」と命名。3000円の価格をつけた。味もさることながら、こんな独自のスタイルがファンをつくり、会員数も2000人を突破した。

 メディアにたびたび紹介されるなど順風満帆に見えたが、今年からはその3000円ラーメンすら切り捨て、新たに挑んだのが「五味融合皇帝麺」だ。

 無謀な賭けにも思えるが、迷いや不安は4年前にメニューをラーメン一本に絞ったときの方が大きかったという。「もう子供もいましたから、それは大きかった。でもみんなが理解できないことをやらないと一番にはなれないと思ってやせ我慢していたのです」

 実際、継続していける利益は出ているそうだ。

■意外! 客はセレブのみにあらず

 藤巻激城のカウンターの端に外国人の男性2人組がいたので話しかけてみた。台湾人の大学院生(26)とその教授という。「日本のサイトで藤巻激城を知り、どうしても食べたくなった」と訪日。宿泊先の帝国ホテルを通じて予約したという。

 彼は「1万円は確かに高いが、とてもおいしかった。台湾にはこんなにおいしいめん料理はないよ」と興奮気味。日本が好きで5回以上来ているという。

 帝国ホテルに5連泊というから、きっと裕福な家庭の人だろう。藤巻さんによると、会員の中には有名企業の社長夫人や有名ミュージシャン、朝の情報番組のコメンテーター、アイドルグループのメンバーなど華やかな面々も確かにいるという。

 やはり、セレブが対象なのか。しかし、藤巻さんは「そんな客は一握り。その辺にいる普通の人がほとんどですよ」ときっぱり否定する。

 「金持ちかどうかよりも、結局は考え方。ある女性客は他店で食べるのを10回我慢してきたそうです。ラーメンを週に1回食べるものだと決めつけるから高いと思うんです」

 軽自動車と高級外車の違いのようにも思える。軽は燃費がよく、買い替えも容易だ。逆に高級車は燃費が悪く、維持費も高い。それでも、乗り心地や得られるステータスは軽の比ではない。結局、「細く長く」よりも「太く短く」という人生観の人が客になっているようだ。

 さらに続ける。「高級食材を積み上げて1万円になったわけではないんですよ。誰にもできない加工をして、世界中でここでしか食べられなくて、食べられるまでに障害が多くて、会員に選ばれて、一生に一度しか食べられない。本物の一期一会ですよ。ここにプレミアムがある。そう考えると、1万円って高いですか?」

■海外メディアに「まずかったら飛行機代を返してやる」

 藤巻激城を訪れた海外メディアは2月のロイター通信(英)が最初だった。この後、「TIME」(米)や「FLUORO MAGAZINE AUSTRALIA」(豪)など4つの雑誌のほか、放送局はCNN(米)が4月に取材、5月にはカナルプラス(仏)も取材に来る予定で、連鎖反応を起こした。

 相手が海外メディアでも、説明することは同じだ。先日のCNNの取材でも、米国人リポーターに「1万円は決して高いと思わない。私が高いと思うなら、この値段では売ってはいけないと思いますから」「高いものがいいのではなく、いいものが高いんです」などと藤巻節を連発。

 ただ、「あなたの周囲の人はあなたのことをクレージーと言いませんか」との質問にはさすがに苦笑し、「逆境の中にチャンスがあるんです。苦の中に楽がある。楽の中には苦しかないんですよ」などと切り返していた。

 どの取材にも「まずかったら日本への飛行機代を返してやる」と必ず話すが、なぜかこのコメントが採用されたことはないという。

 また、海外メディアからは「なぜ1万円ラーメンが成功したと思うか」という質問が多いといい、藤巻さんは決まってこう答えている。

 「成功したとは思っていません。死ぬまでこの料理を続けられることが私にとっての成功です」

【関連記事】
「スタミナラーメン」準公式サイトが登場 さいたま観光コンベンションビューロー
横浜に「インスタントラーメン記念館」 日清食品HD
オリジナルヌードルを作ろう 日清が記念イベント
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント
あの人気ラーメン店経営者が激白「ラーメンは人生」

小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに(産経新聞)
<福岡3歳児虐待>31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑(毎日新聞)
<仙谷担当相>閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)

リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は13日、田辺三菱製薬の第1種医薬品246品目のうち、関節リウマチ用の医薬品「レミケード」など7品目について、「医療現場に混乱を生じさせる恐れがある」として、業務停止処分の対象から除外した。 

大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り−宇宙機構(時事通信)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)

首長新党にエール=原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は9日の閣議後記者会見で、山田宏東京都杉並区長や中田宏前横浜市長らが、自治体の首長や首長経験者による新党結成を目指していることについて、「国政で地域主権実現を目指すことについてエールを送りたい。民主党や政権とリンクを張り、地域主権改革を動かす大きなエネルギーになってくれるといい」と期待感を示した。 

【関連ニュース】
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り
新党参加「今のところない」=鳩山邦氏
平沼氏との会談、日程再調整=鳩山邦氏

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施(医療介護CBニュース)
火災 強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに−「お金持ちが判決」・鹿児島(時事通信)

日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)

 ワシントンで開かれる核安全保障サミットの12日の夕食会で、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領が隣り合わせに座り、非公式に意見交換する方向で日米両政府が調整していることが分かった。日本政府関係者が8日、明らかにした。
 首相はこの場で大統領に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する調整状況を説明するとともに、5月中の決着を目指す方針を伝えたい考えだ。 

【関連ニュース】
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート
日米首脳、話す機会ある=核安保サミットで
北マリアナ諸島に視察団=社民
国会延長想定せず=政府・民主が確認
小沢氏、訪米見送り=「二元外交」批判を懸念

補助金2億円、5法人に滞留 厚労省所管(産経新聞)
春の珍事、津田塾大のイチョウの木にサクラ(読売新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
自民幹事長代理に河野氏…刷新要求沈静化図る(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
カードでお金
探偵社
情報商材レビュー
ライブチャット
パチンコ攻略
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    AtoZ (08/27)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    とろろいも (01/17)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/11)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    オリンキー (01/04)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    リョータ (12/26)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    モグモグ (12/16)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    パイン (12/11)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    ヘッド (12/07)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM